ED治療しとけ!

EDになってしまった場合、ED治療の必要性があります。医薬品やサプリ、通院など幅広く選択が可能です。EDであることの自覚と原因を把握しED治療に取り組みましょう。

ED治療と薬

ED治療の際にはED症状を一時的に和らげるために薬が処方されることもあります。
最も有名なもので言えばバイアグラですがレビトラやシアリスといった薬もあり、それぞれの患者の状態やニーズに応じて適切な薬が選ばれるのが基本です。
さて、ではED治療におけるED治療薬はどういった立ち位置にあるのかというと、これは先に述べた通り「一時的に症状を和らげる」というものです。
服用すれば血管が拡張されるために勃起しやすくなりますから、「EDが完治していないけど性行為をしたい」という場合には特に活躍してくれることになります。
ただここで注意が必要なのは「ED治療薬はあくまでも一時的に症状を和らげるために使うものだ」という点です。
よく勘違いされるのがED治療薬を飲めばEDが治るということなのですが、基本的にどのような薬であっても根本的な原因の排除はできないと思っておいた方が良いです。
一応「自分は勃起が出来ない」と思い込むことで生じているEDなどであればED治療薬を飲むことで完治が見込める場合もありますが、高血圧や糖尿病といった肉体的原因によってEDが生じている場合はその病気を治療・コントロールしなくては原因の排除にはなりませんし、精神的なストレスやプレッシャー、トラウマといったことが原因になっている場合もそれを排除しなくては根本的な治療にはなりません。
よってあくまでもED治療における薬というのは一時的に症状を抑える、いわば鎮痛剤のような立ち位置にある薬であるとしてイメージしておくことが大切なのです。
ただ漫然と薬を飲み続けるだけでEDが完治するということはあまりありませんから、治療の際には原因を考えながら上手く治療に取り組むようにしましょう。

ED治療と病院

ED治療を開始する際には自宅で治療に励むか病院で治療を受けるかのどちらかを選ぶことになるのですが、より確実性の高い治療を求めるということであれば当然病院での治療を受けるべきです。
診療科目としては泌尿器科となりますが最近ではED治療専門のクリニックも多くなっていますし、専門クリニックであれば治療経験の豊富な専門医に診て貰うことが可能です。
病院の受診が進められる理由としては「EDの原因には肉体的なものと精神的なものがあるから」ということも挙げられます。
肉体に原因がある場合は器質性ED、精神に原因がある場合は心因性EDとして分類されることになるのですが、ED治療は肉体と精神の双方向からアプローチをすることが必要になるのです。
そのため「血圧が問題だから血圧をどうにかしよう」と治療に励んでも、実際にはストレスやプレッシャーといった精神的な問題によってEDが引き起こされていたということになると治療効果はいつまでも実感出来ないということになってしまいます。
こうした的外れな治療は自宅で自己流での治療をしようとする人ほど多く見られる傾向ですから、確実に治療をしたいということになると病院での治療が求められるわけです。
また最近では個人輸入によってED治療薬を薬局によらずとも購入できるようになっているため、薬の個人輸入で治療することを勧める意見も多く見られるようになっています。
しかし個人輸入によって国内に持ち込まれるED治療薬にはかなりの割合で偽薬が含まれているという注意喚起がすでにされていることを考えると、個人輸入で薬が購入出来るとは言い難い状況にあることに注意が必要です。
もちろん病院での治療は基本的に自由診療であるため治療費が高額になる傾向にあるのですが、確実な効果を期待するのであればまず病院での治療を検討するようにしましょう。

ED治療と生活習慣

ED治療において大切なのは、悪い生活習慣を正していくことです。
病院で検査を受ければ、生活で何に注意するべきかアドバイスを受けられます。
若くしてEDになった場合は、ストレスが大きく関係していると考えられます。
ストレス過多になると、自律神経のバランスも崩れていくのです。
特に注意したいのは、夜ぐっすりと眠られないことです。
仕事による適度な疲れやストレスは、一晩眠ればほぼ解消できるものですが、疲れやストレスが抜けずに溜まっていくとEDを急速に進行させます。
心因性のEDは非常に多く、病院で精神安定剤を処方されることもあります。
食習慣に問題がなくとも、ストレスが溜まっているとペニスの勃ちが悪くなるでしょう。
特に注意したいのは、朝のペニスが思うように勃たなくなった場合です。
本来、朝は何もしなくても生理現象によって勃起するものですが、朝に勃起しなくなったら身体に何らかの異常があると考えるべきでしょう。
朝は健康のバロメーターであり、朝の体調が悪くなると一日中調子が悪くなるものです。
ペニスも同様であり、朝勃ちしなくなったらEDが進行していると考えるべきでしょう。
ED治療の生活改善では食習慣も大切となりますから、医師の指示に従って食事メニューを考えていきましょう。
欧米食が中心になっていると、肥満を招きやすくなり、そこから血行不良を促進することが多いです。
血行が悪くなるほど勃起力は衰えますから、早いうちから改善していく必要があります。
健康診断で動脈硬化、高脂血症、高血圧などを告げられた方は、高タンパクであっさりしたメニューを中心にするべきです。
タンパク質は筋肉を作る原料となるので、ED治療のためにも積極的に摂取したほうがよいのです。

★カマグラゴールドでED治療しましょう!
カマグラゴールドの勃起効果と通販

page top