ED治療しとけ!

EDになってしまった場合、ED治療の必要性があります。医薬品やサプリ、通院など幅広く選択が可能です。EDであることの自覚と原因を把握しED治療に取り組みましょう。

コレステロール異常と漢方薬とED治療

高脂血症や高コレステロール血症などといった脂質異常症の診断を受けた人の中には勃起障害になってしまう人がいます。血流の状態が悪くなったり、血管の健康状態が悪くなればペニスにも十分な血液が行き渡らなくなって海綿体に血が通いにくくなってしまうため、勃起やその維持も難しくなってしまいます。

ED治療に通うことが恥ずかしい人は、市販されている漢方薬の成分に頼ることも検討を行うと良いです。性欲の増進に期待が持てるマムシは、ドリンクやサプリメントなどにも使われますが、ビタミン類や必須アミノ酸、カルシウムが含まれていて、血流改善に有効性があるペプチドやコレステロール値を下げる作用があるリノール酸などが含まれています。

肉体的や精神的な問題で勃起不全になっている場合、本格的な漢方薬を専門店で煎じてもらうこともできます。ED治療を行っているクリニックでも処方してもらうことは可能です。

加齢による機能の低下が考えられる人には牛車腎気丸が適していて、地黄、桂皮、山薬、牛膝などが配合されています。生殖能力に関するものを貯蔵するところは腎臓だという考え方から、腎機能をサポートする成分が多く含まれていて、男性機能に効果が期待できるだけでなく、肩こりや冷えに対する対策にも利用できます。

ストレス軽減に用いられてきたのが柴胡加竜骨牡蠣湯で、柴胡、桂皮、竜骨、牡蠣が含まれています。精神疲労の回復から男性機能の回復にアプローチできる漢方薬です。桂皮加竜骨牡蠣湯も精神疲労に用いられていて、神経の興奮により神経質であったり、緊張やイライラを強く感じてしまう人に良いとされています。

体質を改善することに効果が期待できる漢方薬は即効性はなく、飲み続けることが肝心なためED治療の専門医のもとで正しく服用するようにしたほうが良いです。

page top